PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
ARCHIVES

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

おぐに自然学校ブログ

Kyushu Oguni Nature School 〜since2000〜

おぐに自然学校の旬な情報や小国の暮らしをお届けします。
第2回「とんぼのがっこう」〜夏休みの思い出キャンプ編〜活動報告
0
    第2回「とんぼのがっこう」が8/22(土)〜23(日)に開催されました。
    当日は小国町内だけでなく、佐賀・福岡・熊本より小学生・リーダー含め
    50名という過去最大の参加者数で盛大に行われました。


    夏野菜を使った夕食づくり
    tonbo


    テント張り



    夜の活動・・・他団体のキャンプとアンパンマン体操で大交流会
    class="pict" />


    遊水峡にてリバートレッキング



    かっぱ滝で集合写真


    次回は、9月26日(土)〜27日(日)です。後日、詳細をアップ
    しますのでお楽しみに!!



    | ご報告 | 10:53 | comments(0) | - | - | - |
    第1回「とんぼのがっこう」〜田植え編〜が行われました!!
    0
      第1回「とんぼのがっこう」が6/20(土)〜21(日)
      に開催されました。当日は小国町内外より小学生、リーダー含め29名が
      参加し、盛大に行われました。

       たんぼでどろんこ大会!!



      若手農業者4Hクラブのみなさんの指導で田植え



      翌日は早朝より鳥星博士とバードウォッチング




      次回は・・・8月22日(土)〜23日(日)です!!後日詳細はアップしますので、よろしくお願いします。




      | ご報告 | 09:31 | comments(0) | - | - | - |
      2009おぐに自然学校開校のお知らせ
      0


        山々が緑に覆われ、温かく過ごしやすい季節となりました。
        今年もおぐに自然学校が開校します!!
        みなさん是非ご参加下さい。

        2009食と農と学びの学校「とんぼのがっこう」
            
              第1回「田植え編」

         期 日:6月20日(土)〜21日(日)
         対 象:小学1年生〜6年生(20名定員)
         会 場:小国町北里 木魂館
         参加費:1泊2日6,000円(町内4,000円)
         集 合:13時受付・翌日12時解散(予定)
         プログラム内容『どろんこ田植え体験』
                『野鳥博士と一緒にバードウォッチング』
                その他、夕飯作りやみんなで温泉入浴・夜の自然体験活動        など予定しています。

         参加してみたいなと思ったらお気軽におぐに自然学校事務局まで
         お電話下さい(^-^)


         
        | ご報告 | 22:15 | comments(2) | - | - | - |
        春休みキャンプ無事に終了!!
        0
          昨日無事に2008春休みキャンプが終了しました。総勢31名のメンバーで春の小国の自然や里山での暮らしをテーマに様々な自然体験活動を行いました。
          今回子どもたちに人気だったのは、森づくり体験や石釜で焼く手作りピザづくり。そして何といっても森の遊び場・秘密基地づくり。限られた時間ではありましたが、子どもたちは森林の大切さを学びながら、思い思いの遊び場を仲間と協力しながら創り上げました。
          期間中、朝から霜が降るほど冷え込んだこともありましたが、みんな元気に閉校式を迎えることができました。期間中、子どもたちの体験活動をサポートしていただいた地元講師の方々や、リーダーのみなさん、関係者の皆様に心よりお礼申し上げます。

          この春でおぐに自然学校も開校してまる8年が経ちました。これまでたくさんの方々に参加していただき、大きなケガや事故もなくここまでこれましたのも、小国町の町民の皆様をはじめ、たくさんの関係者、青年リーダーたち、また応援して頂いた皆様のおかげだと思っております。事業の趣旨や内容を理解していただき、これまでたくさんのご協力やご指導頂きましたことに心より感謝申し上げます。
          おぐに自然学校も次年度から新しい体制で再スタートします。今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。      スタッフ一同
          | ご報告 | 09:18 | comments(0) | - | - | - |
          九州ツーリズム大学卒業式
          0


            昨日、今回で第11回を迎える九州ツーリズム大学卒業式が開催されました。今年度の卒業・修了生18名が7ヶ月間(毎月2泊3日)の講義を終了し、巣立ちました。今期も九州をはじめ様々な地域から年齢も職業もバラバラの多くの受講生が、北里柴三郎博士の生誕地であるこの小国町で、「学びと交流」を深めました。これで全国で活躍する卒業・修了生も1,500名以上となりました。今回卒業・修了されたみなさんも、今度はそれぞれの地域でツーリズムのコーディネーターあるいは実践者として新しいスタートをきられることでしょう。卒業生・修了生のみなさん、ご卒業におめでとうございます。


            | ご報告 | 18:20 | comments(2) | - | - | - |
            中山間ふるさと水と土保全対策事業全体研修会
            0


              昨日は、県庁にて中山間ふるさと水と土保全対策事業全体研修会が開催され、私も午後からのテーマ別研修会の講師として依頼があったので、出席してきました。午前中は菊池養生園の名誉園長である竹熊先生の講話と事業の説明が担当課からありました。午後からは基本コースと応用コースに分かれ、それぞれ2名の事例発表と私が担当した実践研修が行われました。
              私のコースは、すでに各地域で子どもたちの体験学習などで活躍されている指導員の方がほとんどで、今後、自立した継続的な活動にしていくためのWSを行いました。午後からの時間が30分ほどおしたので、私の持ち時間も急遽30分少なくなったのですが、事業の課題や問題点の抽出、その解決策、自分たちの活動の客観的評価などをポイントにWSをすすめました。
              年配の方が多かったのですが、熱い想いをもった方が多かったのが印象的でした。
              | ご報告 | 13:27 | comments(0) | - | - | - |
              九州ツーリズム大学2月講座
              0


                9日から本日まで2泊3日の日程で、九州ツーリズム大学2月講座が開催されました。毎年2月講座は小国と由布院での講座が恒例となっており、今回は「農山漁村においての観光とツーリズム」をテーマに講義が行われ、また実習として「まち歩き」をそれぞれの町で行いました。初日の小国の商店街を中心としたまち歩きでは、吹雪の中の実施となりましたが、歴史のある酒屋さんや醤油・味噌屋さんなどの製造現場なども見せて頂きなかなか新鮮でおもしろかったです。気になったことはまち中を流れる川への排水やゴミが個人的にはすごく目につきました。今後中心市街地をはじめとした活性化などに向けて、まち歩きなどを進めていく中で、外からのお客さまを受け入れるにあたっての地域に住む人々の景観や自然環境に対する意識や自然なおもてなし、ガイドの養成、またより多くの住民の方が参加、参画するしくみをつくっていくことも重要な課題だと思いました。
                次の日に前日とはうってかわって、小春日和の中で行われた、由布院のまち歩きはそういった点でも実に先進的で参考になることばかりでした。
                住む人にとっても訪れる人にとってもよい町づくりにむけて、試行錯誤しながらも地道に一つ一つこつこつとやっていくことが、結局は一番の早道のような気がします。

                | ご報告 | 16:39 | comments(0) | - | - | - |
                冬休み長期キャンプ無事に終了!!
                0
                  22日から昨日まで、今年最後の冬休み長期キャンプが行われ、今年も無事に終了することができました。今回はいつもより、若干人数は少なかったものの、その分子どもたち一人一人とじっくり向き合って活動することができました。また、参加者の半分強がリピーターだったので、初日からパワー全開!!まれに見るほど終始雰囲気も良く、まさに大家族のようなあったかいキャンプができました。最後の夜には、友達との別れを惜しんでほとんどの子どもが涙ぐんでいました。たった6日間ですが、寝食をともにし、様々な自然体験活動を経験することで、そこには友情が芽生え、仲間とともに感動を味わい、かけがえのない貴重な思い出ができるのです。
                  今回のキャンプでは、毎日の楽しい体験活動や生活の中に、地球温暖化、森林、エネルギー、水の学習などの要素を入れ込んだ、実に学びの多いキャンプとなりました。最終日にキャンプで学んだことを子どもたちが劇にして発表してくれましたが、キャンプの中で伝えたかったことがしっかりと伝わっていた内容となっており、私自身も感動してじんわり涙ぐむほどでした。
                  今年最後のキャンプもおかげさまで無事に終了することがました。

                  今年もたくさんの皆様に参加して頂きました。この場を借りて心よりお礼申し上げます。また、活動にご協力頂きました小国町民の皆様、関係者の皆様に心より感謝申し上げます。皆様のおかげで、大きなケガや事故もなく、無事に一年を終えることができますことを本当にうれしく思います。まだまだ発展段階のおぐに自然学校ではございますが、来年もぜひ変わらぬご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
                  | ご報告 | 15:10 | comments(0) | - | - | - |
                  指導者養成講座
                  0






                    昨日今日と子どもの体験活動指導者・リーダー養成講座を開催しました。昨日は朝からすっきりしない天気で、さほど寒くもなかったのですが、湧蓋山はうっすら雪化粧していました。
                    午後から高校生から社会人の参加者が集まり、子どもたちの体験活動の裾野を広げるための指導者・リーダーとしての役割、野外活動における安全指導と安全管理、キャンプ料理実習などを行いました。また、夜は日本文理大学の杉浦教授より、冬の星空を題材とした環境教育プログラムの手法や宮沢賢治の自然観についての講義が行われました。屋外で冬の星空を見ながらの計画でしたが、残念ながら曇り空でしたのでスライドをつかって、冬の星空を映しながらお話して頂きました。一昨日からのふたご座流星群を期待していたのですが、残念でした・・・。
                    2日目の今日はインタープリテーション(=自然からのメッセージの通訳)をテーマに筑後川上流域でバードウォッチングを行いました。今日はこの時期にしてはよい天候に恵まれ、鳥たちもいつも以上にサービスしてその可愛らしい姿を見せてくれました。ジョウビタキ、セグロセキレイ、キセキレイ、モズ、シジュウカラ、カワガラス、ヒヨドリなど双眼鏡やフィールドスコープでじっくり観察することができました。普段見過ごしてしまう何気ない風景でも、その中には多種多様な生物の命のつながりがあり、ちょっと視点を変えて見るとそのことに改めて気づくことができます。
                    今回はじめて体験した参加者も多く、レンズ越しに見る野鳥たちに感動して
                    いました。この感動をぜひ子どもたちに伝えることができる指導者・リーダー仲間として今後活躍してくれることを願います。
                    | ご報告 | 10:59 | comments(0) | - | - | - |
                    九州ツーリズム大学12月講座
                    0






                      8日から本日まで2泊3日の日程で、九州ツーリズム大学12月講座を開催されました。今回のテーマは「ムラの商品を考える」。農山村の商品開発、ムラの魅力の情報発信、地産地消、地域資源活用、などをキーワードに講義が行われました。フィールドワークでは、お隣の木の花ガルデンまでお話を伺いにいきました。さすがに全国から視察が殺到?している成功事例だけにいろんな意味でよい勉強になりました。また、実習では今回初めての試みで、小国杉桶の味噌づくりを行いました。町内にある岳の湯温泉の地獄で蒸した小国産大豆をつかって、受講生のみなさんに味噌作りを体験して頂きました。小国杉でできた味噌桶に仕込む手作り味噌。蔵出しは来年の梅雨が明けた後になります。さてどんなお味になるのでしょうか?今から楽しみです。
                      ちなみに自然学校でも、毎年年末に子どもたちと一緒に味噌づくりを行っています。最近では農村でも味噌つきを行う家庭もずいぶん減ってきたようですが、味噌だけに限らず、失われつつある先人たちが築いてきた地域の伝統文化や技術、生活の知恵などを次の世代にうまく受け継いでもらうためにはどうすればいいのか改めて考える機会となりました。まずは、地域の「食」をテーマとして、体験活動をうまく活用した若い親世代や子どもたちへの文化・技術の継承の場をつくれないかと考えております。


                      | ご報告 | 09:39 | comments(0) | - | - | - |